PHASE-39 「天空のキラ」その2
早くフレッツを見るコツは前回のasxのアドレスの39の部分を40に変えて何回もアクセスを試みるんだ!
さすればおのずと道は開かれる。
現時点でアスランは次回死ぬような気がするというかそういう番狂わせを期待してるんだけどな~



ドムが何機かあるけど調節できてないために発進できず。
前作でストライクをいきなり使ってたキラはやっぱり特別だということですかね。
AAにもエターナルのピンチが伝わる。
相変わらずラクスが偽者だと思い込んでるザフト兵。
エターナルが出てきても本物だとは信じてくれません。
アスランがもがいています。
本物がいなくなったらデュランダルの思うつぼです。
キラはその言葉で決心を固め飛び立ちます。
自分のことは覚えてないのに通信コードを覚えていた大佐に嫌味を言うラミアス。
アスランにまで少佐よばわりされて怒る大佐。
その瞬間、少佐と呼ばれていた人物が死んでいたことを思い出すアスラン。
混乱しています。

こっからモビルスーツの戦闘がメインになります。
ブースター装備のストライクが登場。
そうですよ!こういう前触れもなく登場する機体がほしかったんです!
しかも大気圏を突破しようとしてるではないですか!
熱いねぇ。
そしてミーティアを砲台として使うエターナル。
ミーティアにはこんな使い方もあるということを表しています。
そしてはじめて使われるザクのグレネード。
すべてが新鮮です。
虎が出ると言った時はムラサメで出るのかと思いましたよ。
でもムラサメは地球にあるはずです。
あとで気づいたことですが、それより前にガイアの名前が出てました。
ストライクブースターが発進。
中身はルージュなのにPS装甲の電圧がストライク用になって色がストライクです。
なのに盾がルージュなのが熱い!
そして飛び出すガイア。
ステラよりも強いです。
よく考えたらラゴゥに乗ってキラといい勝負してましたね。
エターナルに迫るザクヲ。
たなっちは知らないんですが、エターナルってラミネなんですかね?
オルトロスを構える別のザクヲ。
しかしなかなか撃ちません。
きっと望遠カメラから見えるラクスに見惚れてたんでしょう。
そこにストライクMA形態が!
見惚れていたザクヲのオルトロスを狙撃。
他の機体も撃ち抜きます。
その後も連射をしますが、かわす奴もいます。
最後はオルトロスを盾で防ぎきれず戦闘不能に。

さてここで気になるのがストライク+キラとザフト兵+ザクの力の差です。
キラは種割れしてないとはいえスーパーコーディネーター。
一般ザフト兵なんて相手になりません。まさか25機全部に赤服が乗っているわけではないでしょう。
だとしたらそこから漏れたディアッカは「死にたい気分だ」と言うでしょう。
ではエールストライクとガナザクヲの性能差は?
キラはストライクでストライクよりも強い機体と戦ったことがありませんでした。
フリーダムでもそれより強い機体とは戦って・・・デストロイはフリーダムより強いのだろうか?
まあよく考えたらインパルスには負けてますね。
ザクはゲイツよりは強いでしょう。
ムゥ対ラゥでは、ストライクとゲイツは同じくらいの強さでしょうか。
ザクはカタログスペックではGAT-Xシリーズを凌ぐそうです。
・・・何?カラミティより強いの?
まあストライクよりは強いはずです。
まああとはエターナルを庇ったということでしょう。
あの種運命のゲームがでるまでどれがどう強いのかはわからず。

そしてキラはエターナルへ退避。
ラクスと再会します。
やはりヒーロー・ヒロインはこの2人でした。
再びキラが戦場に行くことが心配なラクス。
しかしキラはこれが自分の戦いだと行って戦場に向かいます。
守るべきもののために。

しかしSフリーダムはドム同様調整をしてなかったのででられませんでした。







なんてことはなくすぐに出撃。
ドムよりもS自由の調整を優先したのでしょうか?
ドムはパイロットがいなかっただけでしょうか?
まあ虎が乗らなかったのはポットに乗せるために乗らなかったからでしょうけど。
パイロットがいたら調整できてなくても出撃させるでしょうしいなかった方向で。
キラ用に用意されたミゲルの新曲が流れます。
もうあからさまに主人公確定です。
いきなり乗った機体をいきなり使いこなすキラ。
もう奴に勝てるのはガイかカナードくらいでしょうか。
グフに拘束されるS自由。
これはZZのラカンや逆シャアのギュネイがとった戦法です。
そしてそれを撃ち破る方法は2つ。
自爆ともう1つは・・・。


ファンネル(ドラグーン)

そう、キラもドラグーンが使えたんですよ。
ラゥもキラの気配を感じていることがありました。
決してドラグーンが一般兵でも使えるようになったからではありません。
コートニーも特別なんです!
2分で25機のザクグフが全滅です。
思いっきりパクリです。
そしてナスカ級に攻撃するキラ。
ほら!電波走ってる!
やっぱキラはNTなんですよ。
そのセリフそのカットイン。
まさにギュネイだ。
きっと連合の核を落とすときも同じセリフでやってくれるでしょう。
そしてSee-saw氏のすばらしい歌が流れてEDに
胸にひ~びく~♪

というわけで今回の種運命は戦闘シーンが多くておもしろかったですね。
今は40話を見た後なので金ピカのパイロットがわかってしまいましたが、ずっとネオ大差だと思ってました。
ずっとネオのバックに赤月がいるのでてっきりそうかと。
しかしルージュのかわりの位置にでてきているので・・・。
OPの自由、アルトリア、ルージュの絵はきっと変わるのでしょう。

コミックボンボンの種運命は無駄がないですね~。
ついに来月はインパルス(堤下)対自由の対決ですね。
シンとネオの会話もつじつまがあっていてよかった。

あと気づいたのがザフトは自爆が好きだということです。
連合はまったくしないのにコーディネーターの性格なんですかね?
まずミゲルがジンを自爆させる。
アスランがイージス、ジャスティスを自爆。
アッシュのパイロット自爆、死亡。
ハイネもグフで自爆、死亡、特に自爆した意味はない。

40話かぁ。おもしろかったけどめんどくさいなあ。
てかもう40話かぁ。
結局たらたらやってるからここから急ぎだすんだよなあ。
あんたらTVアニメ素人だろ?
[PR]
by seedhacklevin | 2005-07-24 00:01 | ガンダム
<< ああもう PHASE-39 「天空のキラ」 >>